後押しがお仕事

おはようございます、今日は形状記憶合金の日です。
1982年とのことなので、まだ35年ものの技術なのですね・・・

物流等と新しい技術の流れについてお話をしています。
占いとコンサル、二つの類似性について簡単に。

コンサル的なお仕事ですが、一方的に方向を指し示すというよりは、お客様の要望を聴きながら、一緒に色々と考えて、そのための具体的な行動案を検討し、実施しながら、改めて成果も確認する・・・そんなところが実態です。
そして、選択肢がいくつもあって悩みが出てきたときに出来るのは

・各選択肢のメリットやデメリットを説明して
・どれを選ぶのかじっくりと考えてもらい
・いざ選択した後は、その選んだ方法に対して真摯に取り組む

という行動の後押しがとても大切だと感じています。

私が易経を使ってみて感じたのは、正にこのコンサル的な感覚です。
「何かを言っているような、でも言っていないような・・・それでも行動を決めるための指針になって、後押しをしてくれるような・・・」
そんな雰囲気が、数千年前の古典から感じられたのです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 パーマリンク

コメントは停止中です。