人工知能による占いは何を産むのか?

おはようございます、今日は左利きの日です。
左右差については、最近ずっと考えているところです・・・

物流等と新しい技術の流れについてお話をしています。
計画書づくりを通じて感じた「雰囲気作り」という機能について取り上げました。

占いでも妖怪でもお祓いでも良いのですが、持っている機能をよくよく考えてみると、統計学の要素がかなり含まれているよなぁ・・・と改めて。
最新の人工知能が生み出すような理詰め感覚は薄いですが、構造的にみれば過去の経験則や未来の不確実性、そして正体不明のものを怖がるという人間心理まで組み込まれた、非常に科学的な思考に基いて組み立てられているように思います。

そして、やはり問題となるのは人間の有する納得感や体感なのかと思います。
占いが占い足り得るためには、そこに関わる人間が「あ~なるほど」と感じることが必要不可欠です。
それはコンサルでも、そして人工知能の利用でも同様だと思います。

人工知能という最新の技術は、これから色々な分野に侵食してくるのでしょう。
中には、人間がやっている仕事を奪っていくようなことも出てきます。
その上で、では人間側ができることは、やはり「人間自身への認識を深めていく」ことなのではないでしょうか。

その意味では、レベルはだいぶ違うかもしれませんが、占いに対してどう向かい合っていくのか?ということとそれほど違いはないようにも感じています。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営   パーマリンク

コメントは受け付けていません。