今後の論点

おはようございます、今日は専売特許の日です。
知財については、最近ますます話題が増えてきましたね。

物流等と新しい技術の流れについてお話をしています。
人工知能や自動運転といった新しい技術が進むことと、改めて人間側は「人間自身、自分自身に対する認識を深めていくこと」が重要となるであろうことに触れました。

占いや妖怪といった機能群も、基本的には人間が自分自身を知るために生み出した構造なのではないかと思います。
易経といった古典では宇宙に関する構造にまでその学問は及んでいるわけですが・・・最終的な目的としては、その構造を通じて自分が何をするのか?という個への回帰が(ある程度は)あったのは間違いありません。

確かに人工知能という技術は、我々の生活を一変させる途轍もないものに育っていくのでしょう。
ただ、人工知能との付き合い方に関していえば、あまり怖がりすぎるのも違うのかもな、と感じています。
油断大敵ではありますが、まずはしっかりと自分自身への認識を深めていきたいものです・・・

その上で、より実業的な意味で言うと、これから先の事業展開において一つのポイントとなりそうな点があることに気が付きました。
それは同時性です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 パーマリンク

コメントは停止中です。