相続の特徴その3:財産評価

おはようございます、今日は塾の日です。
子供もお世話になっていますが、大変なお仕事ですね・・・

事業承継についてお話をしています。
自社株式を移転する方法としての相続について、特徴を確認しています。

税率のこと、それと相続人の人数が大きく影響することを確認しました。
次は財産評価について。

財産評価というのは、相続税を計算する時に「この財産はいくらの価値があります」と確定させる作業です。
これ、よく考えてみるとすごく難しいことがわかります。

例えばテストの問題であれば「自宅の金額:4,000万円」と一言でまとめられているかもしれません。
しかし、実際にその自宅の金額が◯◯万円と確定させるのは、本当に難しいです。

土地を例に考えてみましょう。
例えば同じ町内に同じ広さの土地を持っていたら、どちらも同じ評価額になるでしょうか?
そんな簡単には決められません。

土地の形は?日陰になっている部分は?どんな道路に面している?
周囲にはどんな施設がある?騒音はひどくないのか?

こういった要素について、まったく考慮せずに評価をするのは不合理です。
実際、相続税の計算においてはこの財産評価をどのようにこなすのか?によって相続税額が大きく変わってきます。
自社株式についてもそれは同様で、相続税の課税価格についてどのように評価されるのか?は事業承継における大きなポイントとなっています。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 パーマリンク

コメントは停止中です。