財産評価の基本:現預金に近いほど・・・

おはようございます、今日はまぐろの日です。
何かと話題の多い魚です。

事業承継についてお話をしています。
相続税における財産評価について、その傾向を確認しています。

財産評価における基本的な傾向の一つに、次のようなものがあります。

・現預金に近い財産ほど、そのままの金額で評価される
・現預金から遠い資産ほど、評価額に割引が入る

これには理由があります。
例えば皆さんが相続で遺産をもらうとき、次のどちらが欲しいですか?

・5,000万円の現金
・時価5,000万円と評価されている土地

普通に考えると、前者を選ばれる方が多いのではないでしょうか?
土地の形でもらっても、使う当てがなければ無用の長物です。
仮に売るとしたら、今度は譲渡所得税がかかってきます。

その点、現金だったらいくらもらっても困りません。
究極、遺産がすべて現預金であれば何も困ることはありません。
ところが、往々にして故人の遺産が土地等に偏っていると、相続人が「積極的にもらいたいと思える遺産」が大してなくて、分配に困るようなこともしばしば。

このような事情も考慮すると、現預金に近いものの方が価値が高いことがよくわかります。
それでは、株式はどんな評価なのでしょうか?

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 パーマリンク

コメントは停止中です。