家族が納得しているとしても・・・

おはようございます、今日はリサイクルの日です。
フリマアプリの流行もあって、リサイクルは推進されている感じですかね。

事業承継についてお話をしています。
遺言書の活用と遺留分に関する注意についてお話をしています。

さて、相続や遺言に関して考えていると、結局次のような点に課題が集まってくることがよくわかります。

・色々制度があるけど、結局遺族やその関係者内で共通認識が出来ていれば大丈夫なんじゃないの?

コレ、ある意味では大正解です。
例えば妻と子供が生存している状態で、兄弟や他人が価値の高い自社株式を遺言により取得する場合。
妻や子供が「いや、自社株式なんてもらっても困るし、実際事業を継ぐのは兄弟(又は他人)のマサハルさんだから・・・」と納得さえしていれば、本質的にはそれほど問題とはならないのです。

ただ、実際には色々と課題が生じます。
ここでは具体的に二つの課題を取り上げてみます。

・誰かの遺産が高いと、皆の相続税が高くなる
・親族がまとまっているとしても、その親族の配偶者はどう思う?

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 パーマリンク

コメントは停止中です。