特例的な方法が出来てきた

おはようございます、今日は世界開発情報の日です。
開発=経済活動と定義すると、中々に制御の難しい問題です。

事業承継についてお話をしています。
誰がどんな手段で自社株式を取得するにしろ、納税資金が大変だよね、ということを確認しました。

この事業承継に係る納税資金の確保については、以前から常に課題とされてきました。
そのような話を受けて、大きく次のような二つの流れが出てきました。

・税制として対処してあげよう
・色々な関係者が特殊な方法を開発してきた

まず前者について。
事業承継税制という制度が少し前から始まりました。
この特例を簡単に説明すると

・一定の条件に該当する企業の株式を
・所定の条件に該当する後継者が引き継ぎ
・決められた手続きを踏んで
・後継者がその事業を継続して営んでいる場合には
・その自社株式に対する税金の納税を
・猶予してあげますよ

というものです。
それぞれの細かな要件に関してはここでは触れませんが・・・
最大のポイントは「免除する」ではなく「猶予する」という点です。
つまり「税金がなくなる」のではなく「税金の支払いを待ってあげる」という構造なのですね。

実はコレ、以前からあるとある制度と酷似しています。
そう、農業に関するお話です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 パーマリンク

コメントは停止中です。