減価償却は「お金の出ていかない経費」

おはようございます、今日は鰹節の日です。
最近はダシ一つとっても、随分と種類が増えましたね。

設備投資とその周辺事情についてお話をしています。
固定資産の費用処理について、減価償却という方法を簡単に説明しました。

減価償却費という費用の最大の特徴は

・費用は計上されるがお金は出ていかない

支出については、機械を購入した時点で終わっています。
昨日の例で言えば

・機械を購入した時点で、1,000万円の支出がある
・その上で、5年間で毎年200万円の費用が計上される。
・200万円の費用が計上される時点で、お金は出ていかない

ということになります。
繰り返しになりますが、固定資産の購入とその費用処理である減価償却の大きな論点は

・支出と費用の計上タイミングがズレること

この点について、多くの中小企業経営者が戸惑うことになるのです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 | コメントする

減価償却という手続

おはようございます、今日は手袋の日です。
最近は薄手でも温かいものが多いですね。

設備投資とその周辺事情についてお話をしています。
固定資産は買ってスグに経費にはならない、ということに触れました。

例えば何かの機械を1,000万円で購入しました。
この機械は5年間使用することができます(実際にはもっと長く使えるかもしれませんが、そのように仮定します)。

この機械について、もし購入した年にすべて費用としてしまうと、一年でいきなり1,000万円の経費が計上されます。
5年間使えるにも関わらず、経費が計上されるのは1年分だとすると、なんとなくアンバランスです。

そこで減価償却(げんかしょうきゃく)という手続きを採用します。
1,000万円の機械が5年間使えるのですから

・5年間で200万円ずつ経費にすれば良いじゃん

という理屈で、費用をそれぞれの年に配分するのです。
よく一般の方に減価償却のことをいうと「原価焼却」と間違った感じを想像されることがありますが・・・
少しずつ燃やしてなくなっていくという意味では、あながち間違いでもありません。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 | コメントする

固定資産を買った時点で経費にはならない

おはようございます、今日は大工さんの日です。
大工という呼称も、大分使われなくなりましたね・・・

設備投資とその周辺事情についてお話をしています。
何が固定資産に該当するのか?修繕はどうなるのか?ということを簡単に確認しました。

なぜ固定資産に該当するものの把握が大切なのか?
それは固定資産の購入と使用は

・お金が出ていく(支出)のタイミングと費用になるタイミングが違うから

この点について、多くの社長さんが戸惑うことになります。

・そもそも理屈がわからない
・理屈はわかるけど、体感的には納得がいかない

税務業界に関わってそれなりの時間が経ちましたが、これまで何度この点を説明してきたことか・・・
分かっている人にはなんてことのないお話なのですが、とても大切なことなので改めて説明をしてみます。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 | コメントする

修繕について

おはようございます、今日は世界テレビ・デーです。
最近は子供と刑事ドラマとか観るくらいでしょうか。

設備投資とその周辺事情についてお話をしています。
固定資産に該当するものは10万円以上して1年以上使用できるものだと説明しました。

ここで注意が必要なのが修繕です。
修繕は、何かの機械や設備を使い続けているとどうしても出てきます。
そして修繕というのは、それなりにお金がかかることが多いものです。

修繕費の取り扱いですが、基本的には

・原状回復のためのもの
これは資産に該当しません。
古くなったり故障したりしたものを、単に元の状態に戻すためのものだからです。

・機能追加のもの
たまに、修繕という名前で新しい機能を追加することがあります。
この場合、新機能追加についていえば新しく固定資産を購入したものとして考えます。
建物に新しい階段を取り付けた、機械に新しい装置を付けた、ソフトウェアの新機能増設などが該当するでしょうか。

修繕があったときには、原状回復なのか新機能追加なのか注意をしましょう。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 | コメントする

長く使える

おはようございます、今日はピザの日です。
ピザ生地は昔ながらの厚目のやつが好みかも。

設備投資とその周辺事情についてお話をしています。
固定資産の特徴として、いくつかの点を確認しています。

次に取り上げるのは「長く使える」という点です。
どれくらい長く使えれば良いのか?ですが、これは一年以上と想定されています。

製造や建設の現場で使用する原材料の中には、高額なものもあります。
それこそ一セットで10万円以上するようなものだってあるでしょう。
ただ、それらの材料に関していえば、そこまで長期間に渡り使用するようなものはそれほどありません。
また、使用に従って材料は減っていきます。

固定資産における「長く使える」というのは

・一年以上に渡って
・同じような形態を保った状態で使用できること

というような意味合いを含んでいます。

現場で使われているものの中には、固定資産なのか原材料なのか微妙なものも混在したりはしていますが・・・
昨日紹介した金額面の物差しと、今日お話した使用可能期間の物差しを適用して

・固定資産かそうではないか?

を判断することになります。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 | コメントする