親族による承継:デメリット

おはようございます、今日は世界初の地下核実験が行われた日とのこと。
最近は色々ときな臭いこともあり、落ち着かないですね・・・

事業承継についてお話をしています。
親族による承継のメリットに触れましたので、次はデメリットについて。

・親族に経営者向きの人はいるか?
残念ながら、経営者というのは誰でも向いているものではありません。
決断力、行動力、結果に対する責任感、楽観的と悲観的の両立等々・・・
良い悪いではなく、向き不向きの問題なので、親族内に経営者向きの人がいないと後を継がせようにも難しくなってしまいます。

・候補者が複数いる場合
上とは逆に、それなりにやる気のある人が複数人いる場合も問題です。
一言でまとめれば、親族内でモメます。

更に、ここに配偶者も絡んでくるとやっかいです。
例えば「男、男、女」という三兄弟で考えたとき。
上の2人はやる気がある、でも下の娘は特に継ぐ気もないので放置をしていた。
ところが娘が結婚をしたらその配偶者が結構なやり手で、ドンドン口を出すように・・・
そちらの話を聴いていたら、今度は上の2人の妻までが口を出すようになり・・・
あぁ、怖い・・・

というように、親族内での承継も難しい点は色々と考えられるのです。
次は非親族による承継について。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 | コメントをどうぞ

親族による承継:メリット

おはようございます、今日はかいわれ大根の日です。
感じで書くと貝割大根なのですね・・・なぜ「れ」?

事業承継についてお話をしています。
後継者をどこから探してくるのかについて簡単に。

まずは一番ポピュラーなところ、親族から探すことについて。
メリットとしては

・関係者からの信頼が得やすい
商売は信用が命です。
「先代のお子さん」が商売を継ぐとなれば、内部からも外部からも信用が得やすいのは解りやすいかと思います。

・比較的準備期間が取りやすい
事業承継の対策では、やはり時間を要するものが多いです。
その点、親族での移譲では「双方が協力しながら対策を進めること」が非常にやりやすいという特徴があります。

これらのメリットは非常に大きく、だからこそ今も昔も世襲という仕組みが全世界で普及している訳です。

それでは、デメリットはどんなものがあるでしょうか?

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 | コメントをどうぞ

新社長はどこから探す?

おはようございます、今日はアメリカの憲法記念日です。
あちらさんも色々とモメていますね・・・

事業承継についてお話をしています。
自社株式の移譲では、色々とお金が不足しがちになる点を確認しました。

ここでもう一つ、論点を再度確認しておきます。
事業承継についてお話を始めて最初に触れたのは「人」に関することでした。
つまり後継者を誰にするのか?という点です。

候補者として最も一般的なのは親族です。
親が引退をする代わりに子供が引き継ぐ。
どこの世界でも起こっているお話です。

その一方で、他人が引き継ぐということもあります。
もともと社員として働いていた人が会社を継ぐことになった。
これもよくあるお話です。
また、最近ではまったく外部の人が会社を買う事例も増えています。

親族と他人、概ねの傾向について簡単に。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 | コメントをどうぞ

自社株式と換金性

おはようございます、今日は競馬の日です。
馬券を買ったこともなければ、競馬場に行ったこともないなぁ・・・

事業承継についてお話をしています。
自社株式の金額がどのようにして計算をされるのか、本当に基礎的なところだけ確認しました。

ここで、自社株式に関する一つの特性を確認しておきます。
それは換金性の低さです。

現社長が自社の株式を独占しているとします。
その自社株式を何とかして新社長に引き継ぎたい。
しかし、計算をしてみると自社株式の金額はそれなりの高さになってしまう・・・

もし、この株式が上場企業のものであれば、売却は簡単にできます。
買い手は株式市場を通じてすぐに見つけられますし、金額も市場を通じて常に確定していきます。

しかし、非上場の株式についてはそう簡単ではありません。
買い手を探すのも大変だし、金額だって自分たちで計算をしなければならないし・・・
そもそも、他人に株式を売ってしまったら新社長が自社株式を独占することもできなくなってしまうし・・・
でもそうなると、新社長はどうやって自社株式を独占したら良いのか・・・

と、自社株式そのものの特性として換金性が低いことと、事業承継を円滑に進めるためには他人に自社株式を手渡したくないという理由もあり、事業承継における自社株式関係の話では

・株式を移譲するための金が足りない!!

ということになりがちなのですね。
これから先、具体的に株式を移転するための話が始まりますが、常にこの「金がない!!」という課題について対処する必要があります。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 | コメントをどうぞ

会社の業績と財政状態

おはようございます、今日はひじきの日です。
昔は割と苦手だったのですが、いまは好物です。

事業承継についてお話をしています。
儲かっている会社の株式は価値が高い、という当たり前の点を確認しておきました。

ただ、単純に「儲かっている」というだけで自社株式の金額が計算される訳ではありません。
実際に評価をするときには、会社における次のような点が評価基準となります。

・その会社はどれくらい利益が出ているのか?(業績)
・その会社はどれくらいの財産を有しているのか?(財政状態)

他にも評価基準はあるのですが・・・ここでは細かい点は除けておきます。
また株式を受け取る人の立場によって、評価方法が色々と変わる点もありますが今回は触れません。

特に小さな会社の株式評価においては、財政状態(会社の持ち物チェック)が重要視されます。
これまでの事業を通じて、会社がどんな財産(現預金や不動産などプラスのものから、借入金などマイナスのものも含めて)を保有するようになっているのか?によって評価が変わってきます。

当然、会社の財産に良いものが多ければ多いほど、自社株式の価額も上がることになります。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリー: 税務・経営 | コメントをどうぞ